前へ
次へ

大学への進学は年々増加をしています

昔はごく一部の人が大学に進学をしていましたが、今は大学の進学率が上がっています。
少子化ということもあるので、倍率は下がっていますし、大学によっては定員割れを起こすところもあります。
この定員割れがとても増えてきています。
受験生が減ってしまうと大学の収入も減ってしまい、最悪の場合大学の閉鎖ということも十分考えることができます。
魅力を感じる大学、学部でなければいけないということもあります。
また就職の際に今でも大学の名前だけで採用か不採用かを判断している企業もあります。
そういう企業はトラブルも起こしやすいと言われています。
本来であれば大学の名前ではなく、その人のことをしっかりと見なければいけないにも関わらず、学校の名前だけで決めてしまうようなことがあります。
企業のトラブルが全く減らないという場合には、採用をする人材に問題があるので、見直す必要があるかもしれません。
日本の大学は入学をすることが難しく、卒業をするのが簡単というのも問題です。

Page Top